秋植え野菜準備

秋植え野菜用の畑準備です。今年の夏は大雨、台風、猛暑に加え法事もあり最適な時期に畑の準備が出来ませんでした。天候をよく見て順次準備を進めました。今回の畑は棚田のため堆肥や苗、収穫野菜運搬は全て運搬機を利用します。軽トラックは畑まで行けないので大変です。夏休みで帰ってきた子供に手伝ってもらい、恒例の土佐町堆肥センターで完熟堆肥を自分で90Lのビニール袋に60%程度いれ、軽トラでまいのうえんまで運び棚田までは運搬機です。

袋に入れた完熟堆肥を運搬機に移す
棚田への道は運搬機で移動
夏は刈っても刈っても草が生えてきます。まず堆肥を畔に置いておきます

晴天が数日続く日に刈払機で草を刈り枯らせます。草は熊手で集め畑の隅に置いて耕運機で数回耕作し、苦土石灰を撒き、一度耕作します。一週間後に堆肥を撒き耕運機で刈りこみます。私は堆肥が重いので運搬機に堆肥を移しスコップで散布しその後耕運機で耕します。

草を刈り畑の隅にまとめて置き耕作します
耕運機で耕します
畑を耕した直ぐ後です。これから畝を作ります。
畝の完成です

 

0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。