新しい畑追加

2018年からまいのうえんに860mの畑が増えました。まいのうえんから南1.3㎞離れた伊勢川川の横の段々畑です。当面家庭菜園用ではなく、販売用と自家用とします。畑20と畑21の誕生です。一昨年前までは稲作が行われていました。今年からは日当たりのよい野菜畑になります。

上のひょうたん型の畑です。

ジャガイモ、サツマイモ、カボチャ、エダマメなどを植える予定です。昨年まで田んぼであった場所なので、野焼きで周りの草や畑内の草を焼き、その後一度耕運機で耕しそこに350Kg  の堆肥と完熟鶏糞300Kgを入れて再度耕作しました。
堆肥は土佐町たい肥センターで作っている牛糞主体の堆肥を、自分で軽トラに載せ畑まで持ってきます。

野焼きで畑の周りや畑内で刈り取った草をやきます。
野焼きの跡です
たい肥センターの堆肥
自分でスコップで取り90Lのビニール袋に入れます
軽トラと乗客の風袋を差っ引いて重量をはかります。
一度耕運機で耕作します

堆肥や鶏糞を散布するには一輪車が最適です。散布する場所に袋ごと堆肥や鶏糞袋を配置し、散布時一袋毎一輪車に中身を出し両手ですくって散布します。簡単で便利です。

堆肥や鶏糞を一旦一輪車に移し手で撒きます
両手ですくってばらまきます。
耕作完了です。後は畝を作って種をまきます。
0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。