カボチャにアンドンをつけ害虫対策

5月1日に定植をしたカボチャに大量のウリハムシが発生しました。5月10日までは何も問題なかったのでびっくりしました。初期の時期のウリハムシ対策は必要なのですが、この田んぼは今年畑用に土壌を作ったばかりで、ここで初めてのカボチャ栽培でしたのですこし甘く見てました。農薬は使わないので少し遅れましたが19日にカボチャの横にコンパニオンプランツのネギを植え、ビニール袋(10円ショップで購入の45Lのごみ袋)でアンドンを作りました。効果を確認しましたが、見事にウリハムシはいなくなってました。実験的に置いておいたアンドンのないものはまだウリハムシがいます。

定植時のカボチャ
ウリハムシはまだいません。周りには緑肥のマルチムギを植えています
カボチャの葉についたウリハムシ
アンドンをビニールとダンポール2本で作ってます。
アンドンで囲ったカボチャにはウリハムシはいませんでした
アンドンをかけ終えた状況
2+
コメントを開く

カボチャにアンドンをつけ害虫対策」へのフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。