家庭用生ごみを畑に埋める

普通の野菜は植えられない笹だらけであった畑No.11は、一応耕運機を入れて耕したが、笹や雑木の根っこが多く野菜はできないが、植える部分だけ大きな穴を掘り生ごみたい肥を作って、半年寝かしスイカを植えるとよいと近所の人から聞きました。ダメもとで実験をしようと思い5か月間に溜めておいた生ごみたい肥用容器を運搬機で運び畑に入れました。畑は笹や木の根がはびこりなかなかうまく掘れません。つるはし、鉄棒、根切スコップを駆使し3か所に穴を掘りました。生ごみはEM菌を入れておいたので少し発行が進んでいます。後で分からなくならないため、木の棒を生ごみを埋めた場所に建てました。これでうまくスイカができたら儲けものです。

毎日生ごみを保管する入れ物
畑に大きな穴を作り生ごみを入れる
後でわかるように穴3か所に杭を立て目印にする
0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。