生木に天然のシイタケが生えていました

シイタケを栽培するため、1ヶ月前に伐採したナラ、クヌギを裏山から下ろし、シイタケ木置き場まで移動しました。裏山からは運搬機を使い急斜面を降りてきましたが、ゴムのキャタピラー付き、安全装置付きで快適に運搬できました。シイタケ原木として1m程度に切った木を積み込む際かなり育った野生のシイタケの木を見つけました。

天然のシイタケが生木に生えてました!
裏山のナラの木を伐ります
今までのシイタケ原木置き場
新しく置き場を作ります
裏山から伐採したナラの木を運搬機で運びます
運んできた原木を北側に面した山にいったん置きます

運ばれた原木にシイタケ菌駒を打ち込みます。山なので電気がないので、三菱自動車のアウトランダーPHEV車についている、100V 電源コンセントから延長ケーブルで電源を伸ばし電動ドリルを使います。充電式インパクトドライバーも用意したので、同時にそれのバッテリーも充電できました。1時間半使いっぱなしでも車のバッテリーはほとんど使いませんでした。

車の荷物入れ場にある100Vコンセントにつなぎます
シイタケ専用ドリル

 

シイタケ菌駒をドリルで開けた穴に打ち込みます
車の荷物入れ場にある100Vコンセントにつなぎます
アウトランダーPHEV車の100V電源から延長ケーブルで電動ドリルを動かします
電動インパクトドライバにシイタケ専用ドリルをつけます
インパクトドライバーの電池も充電できます
1時間半使っても車のバッテリー消費はわずかでした

 

0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。