ブルーベリーを植えました

ブルーベリー用土作り
ブルーベリー用土作り
ピートモスとパーライトと土を混ぜる
ピートモスとパーライトと土を混ぜる
ブルーベリーの苗
ブルーベリーの苗
重力擁壁の後に一列に植えたサザンブシュ系
重力擁壁の後に一列に植えたサザンブシュ系

四国の中央に位置しているのでブルーベリーはサザンハイブッシュ系2年生苗5種類(オニール、ヒトミ、ミスティー、ガルフコースト、ジョージアジェム)とラビットアイ系3年生苗3種(ティフブルー、ブルーシャワー、グローリア)を植えました。植えるに先立ちピートモス短繊維とパーライトを深い長四角のプラスティックの入れ物に入れ、十分な水を入れてスコップでかき混ぜ途中で土を入れてブルーベリーの用土を作成しました。植えようと思うところを直径60㎝、深さ40㎝の円柱形の穴を掘りそこに用土を入れて、ブルーベリーの苗を沈みこまないよう入れて、周りを先ほど作ったブルーベリー用土を入れ苗を埋めました。苗の周りには円形の溝(ウォータスペース)を作り、水がすぐ流れないようにして、最後に乾燥を防ぐためピートモス長繊維をマルチングとして木の周りに十分敷き大量の水をかけて出来上がりです。

各々のブルーベリーの特徴
サザンハイブッシュ系
オニール:大粒で甘みが強く香りもTOPクラス
ヒトミ:香り高く濃厚で高品質
ミスティー:中~大粒で収穫量多い
ガルフコースト:繊細な風味あり、では食味の良さはTOPクラス
ジョージアジェム:香りよく甘みが多い(酸味少ない)
ラビットアイ系
ティフブルー:人気商品で完熟果は最高においしい
ブルーシャワー:100円玉サイズの実がつく、比較的甘み系で香りよい
グローリア:味はTOPクラス


		
0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。