耕運機と肥料用の小屋を作りました

以前から気になっていた耕運機をブルーシートでカバーするのをやめて、小屋に入れることにしました。ビニールハウスに北風が強く当たるので、その風を防ぐ意味で北側のスペースに作りました。ついでに畑やビニールハウスで使用する肥料等も置けるように2mx4mの広さにしました。費用を安くするため6本の柱は切り倒してあった杉を使い、野地板を3方向の壁に、2x4材で6フィートの板を天井の梁と壁の補強に使用しました。屋根はガルバニウムの波板を使いました。杉の根っこは三角に切りクレオソートを塗り防腐対策をしました。土地は昔の畑で30年放置されていたところなので、石や木の根っこ等がありおもうようなところに穴が開けられませんでしたので苦戦しました。

6本の柱は伐採してあった杉の木を使った
3隅の壁板の最下位部分と杉の木の柱の根にクレオソートを塗る
四隅の柱と中央部は伐採してあった水の木を流用
野地板を側面に打ち付けたところ
3方面に壁を作り雨、風をを防ぎます
ビニールハウス横に作った小屋も完成
0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。