畑の草、雑木の刈り取りと処分

U-TERNすることに決め、購入場所の整備を開始しました。30年のギャップは大きく昔の面影はありませんでしたが、兄弟が手伝ってくれ元の田んぼ周りの草刈りや雑木を刈り取りました。昔は優良耕作地であったので整備するといい畑になるはずです。いままで一個の林に見えていた所から次々に畑(元田んぼと畑)が見えてきました。

#3 Field
3段目まで刈り込んだ畑
#2 field cut
#2の畑の雑木、芝、蔦を切り倒している
hatake2_3
刈り取った雑木や小枝、蔦などを取り除いたところ
disposal
刈り取った雑木、芝の処理を軽トラで行う

家の建設場所の調査が終わり、次のステップは地質調査だそうで、これ次第では家を別の場所に建てるか、地盤強化をするかになります。自分でできることは30年ほったらかしにされた、田んぼの畑化で、まず土地とその周りの芝やつた、小さい木および、田んぼを区切る石垣に生えた雑草類の刈込と処理です。2月に1,2番目の畑を刈り込みましたが、まだそこには切った雑木や茅が置きっぱなしで、これを処分しました。幸い長兄が軽トラで自分の山林に運び処分してくれ、次兄と私が主にチェンソーと草刈機、なた、鎌で畑をきれいにしました。5時間以上の作業で大変でしたが、荒れ地が畑になると思えば、元気が出ました。幸い天気が良く気持ちよい作業ができ大満足でした。

0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。