取水口の取り付け

谷から引いてくるホースで小屋や農作業用の水をまかないますが、取水口にゴミが詰まらず取水口のホースが流れないように加工が必要です。花用のポットにホースが通るように竹の棒を中心におき、周りをモルタルで固めます。固まったらホースと取水口用ゴミ防止用キャップ(樹脂灌水ストレーナ)を取り付けます。

花用ポットの底に円筒の穴を作り竹と石を入れる
花用ポットの底に円筒の穴を作り竹と石を入れる

 

モルタルをバケツに入れ水を加える
モルタルをバケツに入れ水を加える
モルタルを流し込み竹部分を6~7時間後に抜く
モルタルを流し込み竹部分を6~7時間後に抜く
竹を真ん中に入れたまま6~7間固まるのを
竹を真ん中に入れたまま6~7時間固まるのを待つ

谷に呼び径50の水道用塩ビのホースを設置し,その取水側のホース先端にこのおもし兼取水口ゴミ防止カバー(樹脂灌水スオレーナ一 1インチ)を取り付けます。取水場所は水圧を確保するため落差を高くとれ十分水が確保できる場所に置きます。このカバーは正面は穴がなく横に沢山の穴があいています。このモルタルの”おもし兼取水口固定”は兄のアイデアで兄の家でも使っていて今まで落ち葉やゴミで使えなくなったことがない優れもの!今回もうまくいくことを確信しています。

3㎝のホースをひく
3㎝のホースをひく
取水カバがホースにぴったり差し込まれるようビニールテープで巻きホースに差し込む
樹脂灌水ストレーナーがホースにぴったり差し込まれるようビニールテープで巻きホースに差し込む
取水カバーをモルタルで固めた重石に通したパイプの先端につける固定する
ストレーナをモルタルで固めた重石に通したパイプの先端につける固定する
取水カバーをモルタルでできた重石に針金で固定する
ストレーナをモルタルでできた重石に針金で固定する
固定している
固定している
取水口とモルタルのおもしを谷に沈め石で固定
取水口のストレーナとモルタルのおもしを谷に沈め石で固定
取水口につながるホースも固定
取水口につながるホースも固定
勢いのある十分な水が来るようになった
勢いのある十分な水が来るようになった

後日つけた水道分岐栓。通常の水路と玄関前まで延びたホースへの切り替えをつけ、公道から玄関まで延びた引き込み道路の舗装面の夏場の照り返しを防ぐ散水用口にも水を送ることにしました。水道管の問題は異形状の水道管をつなぐ事とノブ付き分岐点の接続で、口径が合わないためビニールテープや径違いソケット等で外形を補正し差し込みます。水を運ぶパイプは水道用ポリエチレン2層管呼び径20㎜を利用しているがT字配管の径もビニールテープで調整しています。

 

水道用ポリエチレン2層管の寸法
水道用ポリエチレン2層管の寸法
実際の配管:2分岐で常時流している水と切かえて玄関まで流す水を切り替えている
実際の配管:2分岐で常時流している水と切かえて玄関まで流す水を切り替えている

この配管で夏場に玄関周りの舗装が高温になることを防ぐためのスプリンクラーを動かしたり、近くの畑と花壇の水まき用や、小屋の横で野菜を洗ったり農機具を洗ったりできる。水そのものは循環して田んぼや川に流れるので全然無駄のないシステムができ、維持費は無料になる。

全体の配管図
全体の配管図
野菜や農機具を洗う。常時水は流れている
野菜や農機具を洗う。常時水は流れている
0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。