開墾した畑に野菜を植える準備

今年5月16日耕作放棄地を開墾した畑の野菜畑化を始めました。5か月手を入れてないので、畑の草刈りと、公道から畑までの道路の草の刈込から始めました。

先ず公道から畑までの道の草刈り

乗用トラクタがこの道を通り畑まで行き、事前に草刈りを済ませた畑を耕作します。乗用トラクタは稲作用なので土地に起伏がなければきれいに広範囲に耕作できますが、凸凹があると上手くいきません。そこで耕運機を再度入れ、畑を平らに耕作し、苦土石灰をばらまき数回交錯します。一週間後堆肥をまき、耕運機で再度耕作し畝を作り黒マルチを敷きます。

乗用トラクタで一時耕作します。でこぼこは平になりません
一時耕作が済み公道まで帰ります
耕運機で凸凹を平らにし、苦土石灰散布後また耕作します
苦土石灰散布しました
ひと仕事終わりました
0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。