レモン、アンズと栗の木を植える

3月になる前に、果樹の木を購入し植えつけなければならないので、順次植え始めました。最初は栗、レモン、アンズと梅です。レモンの木はリスボンレモン2年生 接ぎ木 苗で家から近くすぐ実の取れる場所に植えました。レモンの中では最も寒さに強く、暖地と太平洋側の北風が当たらない日当たりの良い場所で露地栽培できます。

リスボンレモン2年生 接ぎ木を植えました

アンズと梅の大苗を植えます。植える場所は30年くらい放置されていた田んぼで、竹に占領されていた場所でそこを再開拓している場所なので、地面が固く雑木等の根っこがあるため、根切スコップを使っています。明けた穴にバーク肥料と掘り起こした土を混ぜて苗を植えました。

根切スコップで地面を直径50㎝深さ50㎝掘る

アンズはハーコットで大粒で風味もよく甘みの強い生食用。7月上旬~中旬に収穫を期待しています。地堀苗で2014年で特大の苗です。

アンズ(杏)のハーコット3年生を植えたところ

梅は玉栄(ぎょくえい)で中~大粒の大きさで沢山実が生る品種で梅酒、梅干し兼用の梅で美しい白い花が咲くようです。元田圃で孟宗竹に占領されていた畑を開拓し西側に面した所に植えました。苗は地堀で2013年中旬で中規模の苗です。

大苗のウメ(実梅) 玉英(ぎょくえい)を植えました

岩根(ガンネ)と言う晩生の粒が非常に大きな実がなり、貯蔵性もよく甘味が強い栗、森早生(モリワセ)と言う一番早く収穫できる栗、丹沢(タンザワ)早生の中でも味がよく実も大きめの栗の苗を植えました。

岸根(ガンネ)という栗です
森早生という栗です
丹沢という栗です

コメリで買ったぽろたんと銀寄の栗の苗も植えました。ぽろたんは純日本種でありながら加熱することによりぽろっと鬼皮と一緒に渋皮が剥ける画期的な栗です。また銀寄(ぎんより)は古くからよく知られている品種です。果実は20~25で大きめで粉質でホクホクしてとってもおいしいようです。

1年生のぽろたん
一年生の銀寄を植えました。
0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。