もみ殻収集

今年も友人の稲の脱穀するときに出るもみ殻をもらってきました。稲を脱穀すると玄米ができ、とられた殻がもみ殻です。脱穀されたもみ殻はファンで外のもみ殻を集める部屋に噴出されます。この籾を100円ショップで買った90Lのポリ袋に入れ畑近くのもみ殻置き場と畑に運びます。

100均で買った90Lのポリ袋
脱穀機から外に出た風洞
この中にもみ殻が送り出されます
袋に詰めて畑まで運びます

もみ殻は①畑の土地を保温、②ダイコンなどの冬野菜の種を植えたり、キャベツなどを定植した後雨の跳ね返りを防いだり、③芋類の保存、④もみ殻燻炭を作り畑の土壌改善、⑤畑に撒き耕して通気性を改善するなどに利用します。

もみ殻
もみ殻にハヤトウリ(土佐ではチャオテと言います)を埋めて保存
0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。