エダマメの種植え付け

エダマメの種植えを行いました。早生エダマメ(トーホクのたね)を1袋購入しましたが60粒ありました。発芽と初期成育を早くするため黒マルチをして2条植え(条間45cm)で株間25㎝にしてました。盛夏期になってエダマメが開花するとき根が水を良く集めれるように種は3粒ごとに蒔き、発芽後2株にします。2本の株立ちにすると深く根を張って水分を集めやすくするためです。またこの畑(No.12)は山に近く鳥が来て種や双葉を食べる可能性が高いので、不織布でトンネルをしました。本葉3~4枚で間引いて2本立てにします。

植えつけた種です
まず黒マルチを敷きます
種を植える穴20個をあけ各々3粒植えました。トンネルをしています

残りの黒マルチ部分にも枝豆を植えました。今回(5月1日)はマルチに十字の切り込みを入れそこに3粒植えています。トンネルなしで育てトンネルありとの変化を見ます。

0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。