キューイフルーツのジャムを作る

昨年11月に収穫し保存していたキューイフルーツがソロソロしなり始めたので、キューイジャムを作ることにしました。発泡スチロールに入れたもみ殻に埋めたキューイフルーツを出して皮をはぎ重さをはかると2Kgありました。Rakutenレシピを参考に、少し砂糖を少なめにし、鍋に入れキューイフルーツの重さの40%のグラニュー糖を3分割し、最初の1/3を加え、3時間置き残りのグラニュー糖(1/3の分)を加え、レモンの輪切り2枚、タネ12粒を茶袋に入れ一緒に強火にかけ沸騰したら中火にして残り1/3を加え10分、その後残りの砂糖を加え4分町レモンと種を取り出しレモン汁(キューイフルーツの重さの1%)もう4分中火でよくかき混ぜながら待ちます。これを煮沸消毒した瓶にれで完成。初めてでしたがよくできました。

昨年11月に収穫したキューイフルーツ
保存後のキューイフルーツまだ十分です
ポテトスマッシャーで細かくつぶします
キュウイの重さの40%のグラニュー糖を3分割し最初の砂糖を加え3時間置く
キューイフルーツの重さの1%のレモン汁を絞ります
美味しいジャムができました
0
コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。